2011年 01月 18日
定時見廻り
私は休日、自宅にいてやる事がなにも無い。・・・と言う日は殆ど無い。

もちろん掃除や買い物等の用事で忙しいと言う訳ではない。

私には皆さんが既にご存知のように、新幹線の写真撮影と言う趣味がある。

同じ場所、同じアングル、同じ車両ばかり撮っていたら直ぐに飽きてしまうが、新幹線の撮影に関してはそんな心配はいらない。

日本全国に張巡らされた新幹線網は、その場所ごとに新幹線のさまざまな魅力ある姿を写し撮らせてくれる。

しかし、これはあくまでその場所まで行ける行動力(資金力と気合)がある事が大前提だ。



最近は足が重く、「休日は気合を入れて遠方へ撮影にっ!」と、言う気がなかなか起きない。

その分、私のホームグラウンドである「相模川橋梁」へ再び頻繁に足を運ぶようになった。

今更「新しいアングルを探すぞ!」と言う気も起きないが、一度気に入ったアングルを推敲してみようと言う魂胆だ。

今日も、いつもの様に日没直前に到着。

前回撮り損ねた、夕焼け水鏡をと思い、川面を覗き見るも・・・。
e0157717_2285133.jpg

2011年1月18日
シャッター速度  1/600 絞り数値  7.1  ISO感度 400  焦点距離(APS-C) 13.0mm

そこに広がっていたのは、私が良く目にしていた、水面の荒れるいつもの相模川の姿だった。

「前回までの2回連続での水鏡は奇跡だったのか!?」

期待が大きかった分、失望した時の虚しさも大きかった。


せっかく日没には間に合っているのだから、夕日を入れて写真を撮っていくか・・。

前回の様に単に広角レンズで撮るだけは少々味気ない。

ひと工夫をして、撮って見る事にした。
e0157717_2215367.jpg

2011年1月11日
シャッター速度  1/20  絞り数値  13.0  ISO感度 100  焦点距離(APS-C) 50.0mm
e0157717_22154493.jpg

2011年1月11日
シャッター速度  1/20  絞り数値  13.0  ISO感度 100  焦点距離(APS-C) 43.0mm
e0157717_22155672.jpg

2011年1月11日
シャッター速度  1/20  絞り数値  13.0  ISO感度 100  焦点距離(APS-C) 21.0mm

日が沈むと、周辺の光量はみるみる下がって行く。

そして西の空には青とオレンジの美しいグラデーションが姿をみせ、その色をだんだんと濃くしていく。

この場合、多少被写体の新幹線を黒くつぶしても、シルエット撮影で美しい空を際立たせるのがセオリーだろう。
e0157717_22254681.jpg

2011年1月11日
シャッター速度  1/250  絞り数値  2.8  ISO感度 1250  焦点距離(APS-C) 17.0mm


じゃあ、新幹線を強調したらイイ写真にはならないのだろうか?

まぁ、基本的にはそう思うが、普段見ない画が撮れると、それが新たな刺激となり、今後の撮影アングル創作のきっかけに成り得るとも思う。

e0157717_22245074.jpg

2011年1月11日
シャッター速度  1/15  絞り数値  4.0  ISO感度 160  焦点距離(APS-C) 17.0mm
[PR]
by n700-7000 | 2011-01-18 22:42 | Comments(2)
Commented by e1dmk3-dp at 2011-01-19 00:29
なかなか、前衛的な写真が並んでますが、4枚目の300系は迫力満点です!
いつも 行く所だからって思わないで、工夫次第ではまだまだ新鮮味を掘り起こせますね
しかし、 n700-7000 さんのホームベースを極める姿勢は見習わなければなりません。
Commented by n700-7000 at 2011-01-19 22:38
こんばんは
ホームベースだからこそ、「失敗しても、また来ればイイ」と言う気持ちで、無難な撮り方だけでなく無謀な撮影にも挑戦出来るのがイイのかなと思います。
私ごときに極めるなんて事は到底出来ませんが、やはり地元は大切にしたいとう気持ちもあるのではないでしょうか。
<< 水鏡DY・・・、定時通過。 続:静寂なる水面 3 >>