2011年 09月 28日
バルブ
前回の花火の記事では出来るだけ早いシャッター速度にこだわって撮影をしましたが、

長時間シャッター、バルブ撮影でしか表現出来ない世界もあります

その一つの例が、「星空」とのコラボだと思います。

星は光度が極めて低く、長い時間シャッターを開かなければ露光できません。
この場合は潔く新幹線を止める事を諦めて、青い二重の帯で車体を表現していきます
e0157717_23303433.jpg

シャッター速度  6秒  絞り数値  2.8  ISO感度 800  焦点距離(APS-C)  17.0mm
e0157717_23303942.jpg

シャッター速度  5秒  絞り数値  2.8  ISO感度 800  焦点距離(APS-C)  17.0mm
画面についた埃にも見えますが、ちゃんと星が写っています(^^;


他にも、こんな画もバルブでしか表現できない世界だと思います
e0157717_23341173.jpg

シャッター速度  10秒  絞り数値  6.3  ISO感度 800  焦点距離(APS-C)  24.0mm
[PR]
by n700-7000 | 2011-09-28 17:00 | Comments(2)
Commented by wisteria_apr at 2011-09-28 18:46
こんばんは。
夜空の星と新幹線ですと明暗差が激しくて大変そうですが、しっかり収めて
いるのは流石です。これから冬になるともっと星が良く見えてくるかも
しれませんね。寒いとは思いますが・・・^_^;
Commented by n700-7000 at 2011-09-28 23:28
wisteriaさん、こんばんは
ISO感度や絞りをいろいろ変えながら試していたんですが、最後はDPP(画像処理ソフト)頼みってやつですよ、
冬のバルブも試してみたいですね!多分傍らには暖房をガンガンに効かせて車を横づけしていると思いますw
<< 久々の相模川流し 花火とのコラボ(チョイ流しも) >>