2011年 10月 13日
すけすけレンズ
先日、花火撮影の為に購入した、シグマ「50mm F1.4 EX DG HSM」レンズ。

抜群の明るさで夜間撮影時の強い味方になりました。

この「F値1.4」と言う、とっても明るいレンズなんですが
先日、意外な活用方法を発見!

まずは下の画像を御覧下さい。
e0157717_2242385.jpg

シャッター速度  1/25  絞り数値  16.0  ISO感度 400  焦点距離(APS-C)  50.0mm


まぁ、よくある陸橋にある金網です。

しかし、この金網に魔法をかけると・・・!

e0157717_2273083.jpg

シャッター速度  1/3200  絞り数値  1.4  ISO感度 400  焦点距離(APS-C)  50.0mm

あ~ら不思議!(昭和な表現でスイマセン)金網が透けて見えてしまいます。

金網が透けた秘密はレンズの「開放値」

画像の下の「絞り数値」と言うのが16.0から1.4に変化しているのがお判りになられるかと思うのですが、
この「開放値」を小さくすると、ピントの合う「焦点」がすっごく狭くなります。

つまり、線路手前の金網がピンボケしていてはっきり見えていないだけなんです。

と、言う事で、77mmの大口径レンズで、細かい金網の目にレンズを通す事ができなくても、

く~んなカンジで撮影できました。
e0157717_22112480.jpg

シャッター速度  1/3200  絞り数値  1.4  ISO感度 400  焦点距離(APS-C)  50.0mm



本当はこのレンズ、ポートレート(人物撮影)で背景をぼかして撮影する「ボケみ」が売りのレンズなんですが、全く本来の使い方をしていない幹鉄な私です・・・。
[PR]
by n700-7000 | 2011-10-13 22:22 | Comments(2)
Commented by cube at 2011-10-14 07:10 x
おはようございます^^

流石に活用方法が、幹鉄さんですね~
私もNikonの古い非aiレンズで50mm/1.4を持ってますが
なかなか手放せません。
夜撮りにも便利ですからね~^^
Commented by n700-7000 at 2011-10-14 22:27
cubeさん、こんばんは
いや~、新幹線ばかり撮影していると、変な使い方ばかりですよ(^^;

やっぱりこのスペックのレンズは手放せなくなるレンズなんですね!
これから大事に使っていきたいです。

<< コスモす流星拳 北斗の塔から流れ星を② >>