2012年 06月 18日
流し撮りの考察 第1回
先日アップした「露出の考察」が意外に好評でしたので、今回は上級者向けの(言っている私が上級ではないんですが・・・。)講座を開いてみようと思います。

今回は「流し撮りのヴァリエーション」についてのお話をしたいと思います。

今回は上級者向けと言う事で、比喩表現や細かい説明。また「基本」などはサラっと割愛させていただきます。

まずは私の流し撮りと言えばコレです。
e0157717_23553456.jpg

シャッター速度 1/100 絞り数値 4.0  ISO感度 オート 
私の新幹線撮影の原点となった一枚です。

このベースから、どんなふうに進化(退化!?)を遂げたかを感じていただければと思います。

まずは普通の流し撮りから
e0157717_23573538.jpg

シャッター速度 1/20 絞り数値 22.0  ISO感度 100   焦点距離(APS-C) 115mm

まぁ、オーソドックスな真横からの流し撮りです。SS1/20でも、焦点距離が115mmも稼げれば、十分全体的に止められるでしょう。

さて、ここから「流し撮り」に個性を出して行きたいと思います。

まずは、ただの流し撮りに華を添えたいと思います。
e0157717_035855.jpg
 
シャッター速度 1/20 絞り数値 10.0  ISO感度 250   焦点距離(APS-C) 150mm

この画は菜の花を新幹線の手前に置いて撮影したものです。

菜の花はそれほど高く成長しないので、5月前後の花が散る直前の成長しきった次期に、菜の花のすぐ目の前に三脚を低くセットし、膝を地面に付けて撮影をします。

菜の花が目の前に来る事により、ボケが発生して花が黄色いボンボンの様に写ります。また、カメラを三脚の雲台を支点に振るので、奥の新幹線は1/20秒でだいぶ移動しますが、カメラの目の前の菜の花はほんの僅かしか画面上で移動しません。
なので、黄色いカーテンの様にならず、水玉模様のように写り込みます。

こちらも同じ原理です。
e0157717_0131167.jpg

シャッター速度 1/20 絞り数値 11.0  ISO感度 100   焦点距離(APS-C) 90mm

コレはコスモスを目の前にして撮影した画ですが、コスモスの細い幹が「ボケ」と「流し」で目立たなくなり、色の濃い花が宙に浮いている様に表現できます。


「花」と言えば、コレは外せませんね。
e0157717_018494.jpg

シャッター速度 1/10 絞り数値 11.0  ISO感度 100   焦点距離(APS-C) 55mm


そう!桜流しです。
桜流しと言えば、超スローシャッターで画面全体に薄いピンク色のフィルターを被せたような画がメジャーですが、この画では、散った花びらが主役です。
写真を良く見ていただくと、縦や斜めにピンクの筋が入っているのがお分かりになるでしょうか?
コレが舞い散る桜の花びらです。

通常流し撮りは背景がすべて一定の方向に流れますが、風に舞う花びらは流しの方向とは関係無く自由に宙を舞います。
その姿をスローシャッターで目立たせてあげる訳です。
流し撮りでもしっかりと一枚の小さな花びらが表現出来ていると思います。

もちろん私もサクラのカーテンの様な流し撮りもします。
e0157717_0261356.jpg

シャッター速度 1/8 絞り数値 22.0  ISO感度 100   焦点距離(APS-C) 35mm

ここで注目していただきたいのが、シャッター速度と焦点距離です。

これだけ遅いシャッター速度でも、焦点距離35mmで先頭から2両目くらいまで、何となくですが止まって写っているかと思います。普通、この設定で先頭にピントを合わせたら、乗務員扉付近からブレが発生してしまいます。
では、なぜ後方まで止まって見えるのかと言うと、ズームリングを回しているからです。
いわゆる「ズーム流し」ってやつです。
この「ズーム流し」は奥が深い技法ですが、ある程度使えるようになると、撮影のヴァリエーションが増えていきます。

ここでの注目ポイントは流れの方向です。
放射線状に桜が流れているのが分かるかと思います。
つまり、被写体が遠くで小さく見える時はズームを望遠にし、近づいてきて大きく見えてきたら徐々にズームを引きながら、被写体を追いかけて行っています。

だいぶ長くなってしまいましたので、今日はここまで。





今回はちょっと頑張ったので、ご褒美にコレをポチ、お願いします(^^; にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ

[PR]
by n700-7000 | 2012-06-18 00:42 | Comments(4)
Commented by wisteria_apr at 2012-06-18 06:40
おはようございます。
皆さんこうして流し撮りを日々研究されているわけですね・・・φ(・_・)メモメモ
何も考えず流している自分も見習わないとだめですねぇ。
Commented by cube at 2012-06-18 08:35 x
おはようございます。

これで、学科は合格ですね(^^)
実技は、制限時間内完成(成功確率)が課題でしょうか?

あとは、事前説明と適切な見積もりでしょうか。

きっと全国大会で優勝出来ますって!
次回は、来年でしたっけ?
楽しみにしています(^^)v

なんのこっちゃ(謎)
Commented by n700-7000 at 2012-06-18 22:16
wisteriaさん、こんばんは

研究も、たまに報われる事もありますが、殆どがRAWのままゴミ箱行きなので、デジタルでなくては出来ない効率の悪さですよ~(^^;

何も考えずにまったり撮っているの方が楽しかったりしますよ。
Commented by n700-7000 at 2012-06-18 22:23
cubeさん、こんばんは

よ~し!来年は打倒S系で、頑張るぞ~~~!!!
って、何の話ですかぁ???

一度、シャッター速度と成功率の比率を計測してみたいのですが、私の場合、シャッター速度より、撮影開始からの経過時間で成功率が下がって行く(体力・集中力の不足が原因・・・)ようなので、参考にならないんですよね(^^;
<< 流し撮りの考察 第2回 日向岡 >>