<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
2017年 03月 31日
新幹線ロングバームクーヘン 500系TYPE EVA
いよいよ最終回! 第12回、500系TYPE EVAの登場です!
e0157717_20285527.jpg

山陽新幹線全線開業40周年記念事業の一環で、大人気アニメ「新世紀 エヴァンゲリオン」とコラボレーションをした500系TYPE EVAを模した新幹線ロングバームクーヘンです。
e0157717_20292218.jpg

箱の形状は第1回でご紹介した、さよなら500系と同じですが、印刷は細かく再現され、
屋根上のパンタグラフも8両編成と短編成化され、改造されたパンタグラフが描かれています。
e0157717_20285454.jpg

裏面には潔く「遂に、始動。」
前途にある「山陽新幹線全線開業40周年記念 新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト 500TYPE EVA PROJECT」のロゴに対する意味合いですね。
e0157717_20295310.jpg

今回の「新幹線ロングバームクーヘン 500系TYPE EVA」の入手にあたっては、当ブログ読者様の御好意によって実現いたしました。
 すんごく遅くなりましたが、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

ちなみに、この「新幹線ロングバームクーヘン 500系TYPE EVA」を入手をきっかけに、「実写の撮影とNゲージの入手は必須だろう!」となり、行動に移す原動力ともなりました(^^)

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-31 17:27 | Comments(0)
2017年 03月 30日
新幹線ロングバームクーヘン 北陸新幹線W7系
いよいよ佳境の第11回は、北陸新幹線W7系 です。
e0157717_19170779.jpg

北陸新幹線W7系については、ちと長い前説が必要となります。
まず、北陸新幹線の開業は1997年10月1日。長野までの部分開業「長野行き新幹線」として歴史が始まりました。
そして、長野~金沢延伸の1年前の2014年3月15日に、先行発進としてJR東日本所有のE7系が東京~長野間でデビューをしました。
そして2015年3月14日、北陸新幹線金沢開業を機に登場したのが、JR西日本所有の北陸新幹線W7系です。
e0157717_19171362.jpg

イメージ的にはしっかりと特徴を捉えている新幹線ロングバームクーヘンなのですが、ヘッドライトの位置がもう少し鼻先に近い方が良かったかなぁ~と、個人的感想。
e0157717_19170884.jpg

裏面は
「W7系北陸新幹線は、2015年春の東京~金沢間の全線開業にむけて、JR東日本とJR西日本とで共同開発した新型車両です。車両デザインは、日本の伝統文化と未来をつなぐという意味で『”和”の未来』がコンセプト。空色は沿線に広がる空の青を、銅色のラインは日本の伝統工芸である銅器や象嵌(ぞうがん)の銅色を表現しています。全12両で934名の輸送が可能になります。」
これは私も知らない情報が記載してあり、勉強になりました。
e0157717_19170484.jpg

実写の写真は、光線状態、ピント、構図。全てが上手くいった、会心の1枚でした。

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-30 17:15 | Comments(0)
2017年 03月 29日
新幹線ロングバームクーヘン 922形 ドクターイエロー
第10回となった「新幹線ロングバームクーヘン、歴代紹介特集」ですが、全12回+1回を予定しております。
あと、もう少し! 
お付き合いをいただければと思います。

第10回は 幸せを呼ぶ黄色い新幹線 922形 ドクターイエロー T3編成 です。
e0157717_18525791.jpg

2015年に発売されたこの新幹線ロングバームクーヘン。
何故に、今さら922形 ドクターイエロー!?とも思いましたが、山陽新幹線全線開業40周年記念事業の一環で、販売された物です。
e0157717_18521863.jpg

形状に関しましては、既に販売済みの0系と同じなので、印刷を変更しただけの様ですね。
欲を言うと検測用の3台車などが再現されていればなぁ~とも思いますが、屋根上の検測用パンタグラフも再現されているので、仕方なしと・・・。
e0157717_18525718.jpg
気になる裏面は・・・、
「正式には「電気軌道総合試験車」と呼び、黄色い車体から「ドクターイエロー」の愛称で親しまれている。新幹線の安全運転を保つため、信号・通信・架線関係などの検査を行う。0系がベースとなったドクターイエローT3編成は、1979年から2005年まで、26年間にわたり活躍した。」
ちょっと長い文面ではありますが、これであなたも新幹線博士だ!的な感じですかねぇ~。
e0157717_18520350.jpg

実写はリニア・鉄道館に展示されているT2編成です。

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-29 18:51 | Comments(0)
2017年 03月 28日
新幹線ロングバームクーヘン さよなら 300系新幹線
第9回目はさよなら 300系新幹線 です。 
e0157717_18111627.jpg

2012年3月16日に、先輩の100系新幹線と共に完全引退をした300系新幹線を模した物です。
1992年3月14日に最高営業速度270km/hの「のぞみ号」としてデビューし、東海道新幹線のスピードブレイカーとして先陣を切った300系。その20年間の功績は偉大な物であった。
e0157717_18112069.jpg

私個人としては、この新幹線ロングバームクーヘンが、歴代最高の出来なのではと思っています。
300系の地面から空気を切り裂いて行く形状が見事に再現されていると思います。
e0157717_18111656.jpg

100系と同時発売された300系新幹線ロングバームクーヘン。やっぱり裏面は図鑑っぽいのでしょうか?
「平成4年に初代「のぞみ」としてデビューし、最高速度270キロメートルでの高速運転実用化の道を開き、約20年間もの間多くのお客様に親しまれてきた「300系」車両が平成24年春をもって東海道・山陽新幹線から引退します。」
ちょっぴりアイドルの引退を感じさせる様な文面。略歴の中にも淡い感情が感じられる裏面でした。
e0157717_18110931.jpg

300系の編成写真は、普段雪の降らない場所から。関ヶ原界隈では無いですよ~。

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-28 18:10 | Comments(0)
2017年 03月 27日
新幹線ロングバームクーヘン さよなら 100系新幹線
第8回は 新幹線ロングバームクーヘン さよなら 100系新幹線 です。
e0157717_17475777.jpg

2012年3月16日に完全引退をした100系新幹線を模した物です。
日本がバブル景気にわいていた時代、「シンデレラ・エクスプレス」と言うCMで大ブレークした100系新幹線。
始めて2階建の車両を組み込んだ編成としても、当時話題となりました。
e0157717_17480490.jpg

100系はデザインがシンプルな事もあり、いままで数々の実績のある「新幹線ロングバームクーヘン」では再現性もなかなかの物です。
e0157717_17475884.jpg

引退記念の新幹線ロングバームクーヘンは、裏面が泣かせる文面が多かったのですが、今回は・・・。
「昭和60年、新幹線では初めての2階建て車両を連結し、16両編成で運転を開始しました。当時の2階建て車両にはグリーン席や個室、食堂車を設置し、多彩なサービスと見晴らしの良い車窓で人気を博しました。現在は山陽新幹線のみで「こだま号」として運転し、6両の短い編成となっています。」
なんか、図鑑っぽくて、ちと残念ですなぁ・・・。
e0157717_17474626.jpg

私が新幹線を撮り始めた頃には、100系は既に山陽新幹線での「こだま号」運用でしたが、当時のカラーリングは淡いグレー主体に濃いグレーと若葉色のラインで、この写真の青白の姿は引退記念にリバイバル(復元塗装)された、晩年の100系の姿です。

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-27 17:47 | Comments(0)
2017年 03月 26日
新幹線ロングバームクーヘン 秋田新幹線 E6系「スーパーこまち」
ようやく後半戦の第7回は、新幹線ロングバームクーヘン 秋田新幹線 E6系「スーパーこまち」です。
e0157717_17124365.jpg

2013年3月16日にデビューを果たしたE6系。E3系こまちの置き換え車両として、最高営業速度を275km/hから45km/h向上させた、320km/hを目標に開発された新型新幹線。正に最速の新幹線です!
e0157717_17124659.jpg

新幹線ロングバームクーヘンの形状はE5系そのままに、印刷をE6系に合わせた物。
ここまで来ると、ちょっと無理矢理感が出てくる気もするが、新幹線ロングバームクーヘン・マニアとしては、販売してくれるだけでも、ありがたい事です。
e0157717_17124361.jpg

さ~て、今回の裏面さんは、
「2013年3月、東京~秋田間で、堂々デビュー!!秋田新幹線E6系「スーパーこまち」は、E5系と共に東北新幹線の300km/h運転を目指した超高速車両です。未来を感じさせる先進的なイメージとスピード感を表現されたフォルムが魅力です。シンボルマークには、秋田出身とされる小野小町をイメージしたシルエットが描かれています。」
デビュー当時はまだ、最高速度時速300km/hであったが、2014年3月15日より、1年間の300km/h運転を経て、営業速度が320km/hへと向上。E3系の秋田新幹線での運用終了に伴い、名称も「スーパーこまち」から「こまち」へと変更となった。
e0157717_17123600.jpg

ちょっとだけ珍しい、E6系の東北新幹線本線の単独走行シーンです。

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-26 17:11 | Comments(0)
2017年 03月 25日
新幹線ロングバームクーヘン 東北新幹線 E5系『はやぶさ』
第6回は、東北新幹線 E5系『はやぶさ』です。
e0157717_16443342.jpg

2011年3月5日デビュー。前年2010年12月に新青森まで延伸し、念願の全線開通を果たした東北新幹線の速達性向上を目指し開発された新幹線です。
e0157717_16445590.jpg

特徴な何と言っても、その長~い「鼻」
新幹線史上最長の15m!(N700シリーズの先頭車妻部天井のチョコンは除く)
その長い先頭形状を再現した新幹線ロングバームクーヘンが、ワニっぽく見えるには私だけでしょうか・・・。
e0157717_16445154.jpg

裏面は
「未来を感じさせる斬新でスピード感あふれるフォルム、暖かで落ち着いた空間と、これまで以上の乗り心地の東北新幹線E5系『はやぶさ』が2011年3月デビュー!!最高速度300km/h、最速達列車は東京~新青森を3時間10分で結びます。斬新な顔つきのロングノーズに注目です!!」
新型デビュー記念の新幹線ロングバームクーヘンの裏面は、若干の煽りと解説の組み合わされた、基本知識的な物が多いのかな?
e0157717_16444202.jpg

色味が全く参考にならない夕焼けE5系(^^;でも、カッチョイイ!!

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-25 17:41 | Comments(0)
2017年 03月 24日
新幹線ロングバームクーヘン 0系こだま復刻
第5回は、「0系こだま復刻」です。
e0157717_23532144.jpg

基本形状は「さよなら0系」と同じですが、青いラインの色味が異なっていて、よりリアルな配色が追求されている印象です。
e0157717_00121911.jpg

この0系は新幹線開業時の物。晩年のさよなら0系と比べると、幾つかの特徴的な違いがあります。
まず、目につくのが「鼻」。正式には「光り前灯」と呼ばれる物ですが、この初代0系はこの鼻が光る為に、アクリル樹脂で出来ていたそうです。その為、若干色味が違って見えます。
次に目立つのが客席窓の大きさ。大窓と呼ばれる、座席2列で1つの窓となるような、今で言うとE2系1000番代のような形状でした。
もうひとつ、特筆すべきは「サボ」。「行き先表示板」と言った方がピンと来ると思いますが、「博多行き」とか「東京行き」とか書いてあって、終点でクルクル回って行き先を変えるアレです。ではなぜ「サボ」と言うのでしょう?それは「サイン・ボード」の略だからです。「ボード=板」そう!初期の0系新幹線は、なんと、行き先表示板が板で出来ていて、終点では人の手で、サインボードを差し替えていたそうです。
e0157717_23535007.jpg

さて、今回の裏面は!?
「東京オリンピック開会式の10日前、昭和39年10月1日 東海道新幹線 東京~新大阪間が開業した。世界で初めての時速200kmの高速列車は「夢の超特急」と呼ばれた。」
もはや、歴史の教科書ですなぁ。2020年に再びオリンピックが東京に帰ってきます。世界中の人々が再び新幹線の技術に驚くのでしょうか。
e0157717_23542248.jpg

さっすがに、こんだけ古い新幹線の写真は無いよぉー・・・・、と思っていたら、有りました(^^;
さすがに現役の姿では無いですが、大宮の鉄道博物館に展示されているカットモデル。年代的にはほぼ同等の車両となります。
[PR]
by n700-7000 | 2017-03-24 17:51 | Comments(0)
2017年 03月 23日
新幹線ロングバームクーヘン さくら始動!
第4回目はN700系7000番代「さくら」です。
e0157717_23221888.jpg

九州新幹線。博多~新八代間の延伸で全線開通を機に、新大阪から鹿児島中央への直通列車として新造された
8両編成のN700系、「さくら」を模した物
e0157717_23161684.jpg

前回と同じN700系ながら、新幹線ロングバームクーヘンは前面形状をリニューアル。
よりリアリティーを増した。
e0157717_23165267.jpg

裏面には
「日本の伝統文化が色濃く残る関西と九州。その両地方を結ぶ姿は力強く、美しくどこまでも凛々しい。」
なんか、雑誌の寸評や見出しのようだが、「その両地方を結ぶ姿は力強く」と言う文言。九州新幹線全線開業前日の東北大震災、そして昨年の熊本地震・・・。今となっては噛み締める思いである。
e0157717_23160915.jpg

西のエースは西の横綱撮影地で!

[PR]
by n700-7000 | 2017-03-23 23:12 | Comments(0)
2017年 03月 22日
新幹線ロングバームクーヘン ”進化の過程”新幹線N700
第3回目は「”進化の過程”新幹線N700」です。
e0157717_22571159.jpg

これはたしか、地元の駅で子供が手にしているのを見かけて、「今のは、私の見た事の無い新幹線ロングバームクーヘンだっ!!!」と、探した思い出があります。
まぁ、結果としては大宮にある鉄道博物館で売ってたんですけどね(^^;
e0157717_22572447.jpg

Nゲージと比べると、やや前面形状がもっさりしているのかなぁ~と・・・。
e0157717_22571886.jpg

毎度感動を呼ぶ裏面は!?
「日々、進化する技術は初代の”最高速度を50km/h上回り””消費電力を半分”に抑えた、世界に誇れるエコロジー超特急『N700系』を生み出しました!」
なんか、新聞広告のような宣伝文句ですが、確かに凄い技術です。もうすぐ登場する『N700S』は、さらにエコと安全を推し進めていると言うのですから、正に「進化の過程」なんですね。
e0157717_22570477.jpg

これは、2009年に有名な茶畑で撮影した写真。
この頃はまだ屋根の白い「N700系(N700Aでない)」が走っていたんだなぁ~。
[PR]
by n700-7000 | 2017-03-22 17:55 | Comments(0)