2017年 03月 25日
新幹線ロングバームクーヘン 東北新幹線 E5系『はやぶさ』
第6回は、東北新幹線 E5系『はやぶさ』です。
e0157717_16443342.jpg

2011年3月5日デビュー。前年2010年12月に新青森まで延伸し、念願の全線開通を果たした東北新幹線の速達性向上を目指し開発された新幹線です。
e0157717_16445590.jpg

特徴な何と言っても、その長~い「鼻」
新幹線史上最長の15m!(N700シリーズの先頭車妻部天井のチョコンは除く)
その長い先頭形状を再現した新幹線ロングバームクーヘンが、ワニっぽく見えるには私だけでしょうか・・・。
e0157717_16445154.jpg

裏面は
「未来を感じさせる斬新でスピード感あふれるフォルム、暖かで落ち着いた空間と、これまで以上の乗り心地の東北新幹線E5系『はやぶさ』が2011年3月デビュー!!最高速度300km/h、最速達列車は東京~新青森を3時間10分で結びます。斬新な顔つきのロングノーズに注目です!!」
新型デビュー記念の新幹線ロングバームクーヘンの裏面は、若干の煽りと解説の組み合わされた、基本知識的な物が多いのかな?
e0157717_16444202.jpg

色味が全く参考にならない夕焼けE5系(^^;でも、カッチョイイ!!

[PR]
# by n700-7000 | 2017-03-25 17:41 | Comments(0)
2017年 03月 24日
新幹線ロングバームクーヘン 0系こだま復刻
第5回は、「0系こだま復刻」です。
e0157717_23532144.jpg

基本形状は「さよなら0系」と同じですが、青いラインの色味が異なっていて、よりリアルな配色が追求されている印象です。
e0157717_00121911.jpg

この0系は新幹線開業時の物。晩年のさよなら0系と比べると、幾つかの特徴的な違いがあります。
まず、目につくのが「鼻」。正式には「光り前灯」と呼ばれる物ですが、この初代0系はこの鼻が光る為に、アクリル樹脂で出来ていたそうです。その為、若干色味が違って見えます。
次に目立つのが客席窓の大きさ。大窓と呼ばれる、座席2列で1つの窓となるような、今で言うとE2系1000番代のような形状でした。
もうひとつ、特筆すべきは「サボ」。「行き先表示板」と言った方がピンと来ると思いますが、「博多行き」とか「東京行き」とか書いてあって、終点でクルクル回って行き先を変えるアレです。ではなぜ「サボ」と言うのでしょう?それは「サイン・ボード」の略だからです。「ボード=板」そう!初期の0系新幹線は、なんと、行き先表示板が板で出来ていて、終点では人の手で、サインボードを差し替えていたそうです。
e0157717_23535007.jpg

さて、今回の裏面は!?
「東京オリンピック開会式の10日前、昭和39年10月1日 東海道新幹線 東京~新大阪間が開業した。世界で初めての時速200kmの高速列車は「夢の超特急」と呼ばれた。」
もはや、歴史の教科書ですなぁ。2020年に再びオリンピックが東京に帰ってきます。世界中の人々が再び新幹線の技術に驚くのでしょうか。
e0157717_23542248.jpg

さっすがに、こんだけ古い新幹線の写真は無いよぉー・・・・、と思っていたら、有りました(^^;
さすがに現役の姿では無いですが、大宮の鉄道博物館に展示されているカットモデル。年代的にはほぼ同等の車両となります。
[PR]
# by n700-7000 | 2017-03-24 17:51 | Comments(0)
2017年 03月 23日
新幹線ロングバームクーヘン さくら始動!
第4回目はN700系7000番代「さくら」です。
e0157717_23221888.jpg

九州新幹線。博多~新八代間の延伸で全線開通を機に、新大阪から鹿児島中央への直通列車として新造された
8両編成のN700系、「さくら」を模した物
e0157717_23161684.jpg

前回と同じN700系ながら、新幹線ロングバームクーヘンは前面形状をリニューアル。
よりリアリティーを増した。
e0157717_23165267.jpg

裏面には
「日本の伝統文化が色濃く残る関西と九州。その両地方を結ぶ姿は力強く、美しくどこまでも凛々しい。」
なんか、雑誌の寸評や見出しのようだが、「その両地方を結ぶ姿は力強く」と言う文言。九州新幹線全線開業前日の東北大震災、そして昨年の熊本地震・・・。今となっては噛み締める思いである。
e0157717_23160915.jpg

西のエースは西の横綱撮影地で!

[PR]
# by n700-7000 | 2017-03-23 23:12 | Comments(0)
2017年 03月 22日
新幹線ロングバームクーヘン ”進化の過程”新幹線N700
第3回目は「”進化の過程”新幹線N700」です。
e0157717_22571159.jpg

これはたしか、地元の駅で子供が手にしているのを見かけて、「今のは、私の見た事の無い新幹線ロングバームクーヘンだっ!!!」と、探した思い出があります。
まぁ、結果としては大宮にある鉄道博物館で売ってたんですけどね(^^;
e0157717_22572447.jpg

Nゲージと比べると、やや前面形状がもっさりしているのかなぁ~と・・・。
e0157717_22571886.jpg

毎度感動を呼ぶ裏面は!?
「日々、進化する技術は初代の”最高速度を50km/h上回り””消費電力を半分”に抑えた、世界に誇れるエコロジー超特急『N700系』を生み出しました!」
なんか、新聞広告のような宣伝文句ですが、確かに凄い技術です。もうすぐ登場する『N700S』は、さらにエコと安全を推し進めていると言うのですから、正に「進化の過程」なんですね。
e0157717_22570477.jpg

これは、2009年に有名な茶畑で撮影した写真。
この頃はまだ屋根の白い「N700系(N700Aでない)」が走っていたんだなぁ~。
[PR]
# by n700-7000 | 2017-03-22 17:55 | Comments(0)
2017年 03月 21日
新幹線ロングバークヘン さよなら初代0系新幹線
「新幹線ロングバームクーヘン、歴代紹介特集」第2回目は
私が初めて「新幹線ロングバームクーヘン」と出会った「さよなら0系新幹線」です


e0157717_22340610.jpg

これは新幹線開業から歴史を作り、2008年12月14日をもって完全引退をした名車、0系新幹線を模した物です。
e0157717_22342774.jpg

前回、Nゲージは最期に掲載しましたが「新幹線ロングバームクーヘン」がいかに精巧に出来ているか見比べていただけるように、この位置に変更しました。
(決して、ラストに貼ると存在感が無いとか、おまけ感ハンパ無いとかの理由では・・・。)
e0157717_22340555.jpg

裏面には
「昭和39年の東海道新幹線開業から44年間、本当にありがとう。ごくろう様でした。」
まるで、定年退職をした父親に家族が優しく声を掛けているようなセリフ。
マジ泣けます・・・。
e0157717_22343199.jpg

この写真は完全引退をした2008年12月14日当日に撮影した物。
晩年の0系は「こだま」のみの運用で、普段は駅の間ん中の通過線を走る事はありませんでした。しかし、この日は超特急「ひかり号」として、威風堂々と通過線を走り抜けて行きました。

[PR]
# by n700-7000 | 2017-03-21 17:32 | Comments(0)